急に必要なパソコン、急に壊れたパソコン

自前で用意できない際に便利なパソコンレンタルとは

>

レンタルパソコンの仕事に適合した選択

レンタルの利点

リースパソコンは契約年数などの規約があり、通例として2年以上となっています。
それに対して、レンタルパソコンは貸出期間を任意で決めることができますから特に短期使用ではメリットが多いといえます。
また中途解約も可能です。
リースも解約はできますが契約の期間の残金を支払います。
その点レンタルは契約の残金ではなく、実利用期間の費用だけです。
保守費用も修理費用もレンタル会社が負担してくれます。
機種の管理もメンテナンスも会社で対応してもらえます。
もし故障したとしても代替してもらえますし、手配も会社に任せることができます。
また在宅用に配慮してZOOMがインストールされていてすぐ、使える状態で借りることができるのは仕事を始める身としては便利ですね。

知っておくべきパソコンレンタル

パソコンをレンタルするとき注意することもあります。
OSはもちろんですが、動画や画像を多く処理したりする場合は性能の高いCPUを選ぶようにしましょう。
搭載されているCPUはブランドはIntelとAMDですが性能が悪いと動きが遅いとか、なかなか再起動ができないなどの支障が出ることがありますから仕事内容によっては大変重要です。
動画編集などではIntelのケースではi9はより機能が高いでが、core i5で充分とされています。
検索やメールがメインという仕事ではあまりこだわる必要はないといえます。
CPUは数字の大きさでシリーズの新しさが判断できますし、プロセッサーの数字の大きさで性能の高を確認することができます。


この記事をシェアする